new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

トリニティ

残り2点

3,960円

送料についてはこちら

≡ トリニティ≡ Trinity 2021 Japan Takunori Kimura 【花の魅力】 純白~アイボリーの、かわいらしく清楚な花がたわわに房に咲く。そのさまは、装飾豊かな白い絨毯や花嫁の純白のドレスのよう。 【花】 白からアイボリー、ボタンアイになることもあるロゼット咲き、小中輪房咲きの花。ダマスクにフルーツの強香。とても質の良い透明感を感じる香り。香りが強い割には、花持ちも良い。 【栽培】 四季咲き性。樹勢が強く、耐病性がとても高いシュラブ樹形のバラ。初心者向き。うどんこ病には強く、黒星病にはとても強い。環境の悪い場所でもめったに病気になることはない。半年に一度の薬剤散布(殺菌剤)を行えば一年間美しい葉を維持できる。タイミングは冬剪定後、芽が膨らみ始めた時、夏剪定後の2回。剪定後は株が小さくなるので散布の仕事量の低減やコスト削減になる。無農薬でも、庭木のように虫が出た時だけスプレー剤等、薬剤散布を行うか、もしくは捕殺など、それを取り除くだけで育つ。ほぼ木立に近いシュラブ樹形で、栽培や剪定は木立に準じて育てれば良い。夏剪定はやや早めに(関東以西の暖地の場合8月後半から9月前半)。樹高はやや高めなので、お庭で植えるなら半ばから後方に。夏までは中輪房咲き木立のフロリバンダのように育つが、秋の花枝だけ伸びるので、技術がある人ならその枝を利用し、オベリスクやトレリス、フェンスなどに、コンパクトなつるバラに仕立てることができる。 7号角深鉢に、丘の上のつるばらやオリジナル培養土で丁寧に植えつけいたします。

セール中のアイテム